みやともぶろぐ

日々成長と停滞の日々...

LINEスタンプ販売開始しました!
DLはこちらから↓

夏野菜たち

どうでも良い話ですが、久しぶり(5年以上ぶり)に歯医者に行きました。

冷たいものがしみる程度のことだと思っていたが、いざ診察してもらうと、かなり深い虫歯だった模様…

行っておいて良かった💦

久しぶりのブログ更新でございます。

ひょんなことから、プロジェクターを購入しました。DBPOWERとかいうメーカーのもので、Amazonで何と7390円!プロジェクターが1万円以下で買えるなんて、恐ろしい時代になりました

IMG_6091

それでは簡単にレビューしたいと思います。

まずは中身。
本体、リモコン、電源コード、HDMIケーブル、コンポジット入力端子の5点。本体は一般的なプロジェクターより小さく軽いです。

IMG_6088

肝心な画質ですが…

夜、電気を消して天井に映すとこんな感じ。2mくらい離れて80インチくらいになるのかな?
実用に耐えうる画質と明るさです。

IMG_6090

スピーカーも内蔵されていて、思いの外大きな音が出ます。別のスピーカーを用意しなくても、それなりに聞けます。

ファン音もかなり抑えられていて、もしかしたら一般的なプロジェクターより小さいくらいかもしれません。

そして、コンポジットやHDMIの入力だけでなく、USB端子とSDカードスロットも付いているので、USBメモリやSDカード保存した画像や動画も再生可能です。

IMG_6089

買ってはみたものの、どうせオモチャみたいなプロジェクターで、安かろう悪かろうなんだろうなと最初は半信半疑でした。しかし、使ってみると予想をはるかに超えるスペックで驚きました。

コスパ最強のプロジェクターです!

タイトル通り、クレジットカード不正使用の被害にあいました

先日、カード会社から突然電話があり、お客様の使用ではないと思われるクレジットカードの利用履歴がありましたとのこと。しかも、ルクセンブルク?とやらで25回も連続で使われたらしい・・・

幸いなことに、カード会社でブロックしてくれたため、請求はされませんでした。

良かった良かった

請求はされなくて良かったけれど、そのカードは番号が流出してしまったので使用停止に結局、どこからカード番号が流失したのかカード会社でも分からないらしく、何だか気持ちが悪い。

対策として、新しいカードを送ってくれるらしいけれど、メインで使っているカードだっただけに色々と支払いの切り替えが面倒くさい。

クレジットカードは便利な反面、こういうこともあるんだなと勉強になりました。

前回の投稿でちょこっと触れた3DCADソフトの話。

3Dデータが書き出せるフリーのCADソフトはいくつかあると思うんだけど、今回はDesignSpark Mechanicalっていうソフトを紹介します。

このソフトは、RSコンポーネンツっていう業界内知る人ぞ知る電子部品の通販サイトが公開してるフリーの3DCADソフトなんです。SpaceClaimっていう3DCADソフトから機能を削ぎ落とした無料版という位置付けになるのかな?

無料版なのでレンダリングとかできないし、書き出せる形式もSTL形式しかできないけど、3Dプリンターに出力したり、プロトラブズで切削加工するだけならこれで十分。

業界内だと IGESとかSTEPでデータをやり取りするのが一般的だから、STLだけだと仕事じゃまともに使えなくて、それが出力できるようになるプラグインが10万円くらいするんだよね。

そういうところ(金儲けが)上手いなーって思うね。

ってな話はさて置き、CADとか敷居高いなーって思う人も、このソフトは直感的に使えるから凄く簡単に設計できると思うんで、興味のある人は使ってみては?

業界内、知る人ぞ知る樹脂・金属加工業のプロトラブズ

http://www.protolabs.co.jp

この会社、3DのCADデータをアップロードすると、即見積もり回答、そして超短納期で加工品が上がってくるという超便利な新時代の加工業者なのだ。

これまで、金属はアルミと真鍮しか加工できなかったんだけど、な、なんと、ステンレスや鉄まで加工できるように!

これは、マジでやばい。3Dプリンターなんかよりよっぽど衝撃がでかい。

あくまで試作用途だけど、革命的なのは何と言ってもそのスピード。

第三角法で紙の図面に起こして、加工業者にFAXで見積もり依頼かけて、回答に3、4日待って、注文したらそこからまた1週間かけて加工待ち…

みたいな時代じゃなくなりつつあるのかも。

このサイト、個人でも注文できるから興味のある人は試してみては?

え?どうやって3Dデータを作るかって?

ふふふ、実は無料で使える面白いCADが…それはまた紹介します。

このページのトップヘ