現地時間2011年10月15日 ポンペイ遺跡観光

イタリア観光の最終日!

最終日はポンペイ遺跡の観光でした。
ポンペイ遺跡とは何ぞや?という方は、wikipediaをご参照下さいm(_ _)m
ポンペイ - Wikipedia

ポンペイは噴火により、一瞬にして滅んでしまった都市だそうです。
栄えていた頃は、高度なインフラを整備していたようで、
舗装道路、上下水道、遊郭などもあったということが明らかになっています。

まずは昼食。
このパスタは美味しかった!


そして、レモンチェッロという強いお酒に酔いました(*゚∀゚)


サラダやフリッターも美味しかったなぁ
 

さて、いよいよポンペイ遺跡です。

これが遊郭とその案内標識(笑)
アレの形そのものですね・・・
 


一瞬にして街そのものが火山灰に埋まったしまったので、生き埋めになった人が長い年月の間に人型の空洞になり、そこに石膏を流し込んで型を取ったものが下の写真です。
なんだか怖いですね((((;゚Д゚))))


その他写真もアップしましたのでご覧下さい↓
ーポンペイの風景ー

ポンペイの観光が終わって、ローマに戻ったんですが、
その日は世界同時デモの日で、ローマ市内は暴動が起こっていたとのことです。
警察が警戒してたり、ビラがばら撒かれていたりと、騒然としていました。
 

ローマ観光を選んだ人たちは外出は危険ということで、ホテルに一日缶詰だったそうです

そして、ローマにて最後の晩餐...
このパスタが一番美味しかったです。さすが本場という感じ
 

現地時間2011年10月16日 帰国

次の日は真実の口で写真を撮って帰国の途についたのでした。

おしまい


<編集後記>

帰国後、1ヶ月くらいで全部記事を書いちゃおうと思ったんですが、1年半もかかってしまいました。いざ書こうと思うと、時系列的に書くのって結構面倒くさいんですよね...

途中でやめようかとも思いましたが「いつ終わるんだよっ!」
とツッコミを言っていただけるうちはやめられないなということで続けて参りました。
中途半端に終わらず、何とか書き終えられて良かったです(笑)

イタリアは機会があればまた行きたいですね。
でも、ジプシーと呼ばれる人たちがたくさんいて、治安はあまり良くないのが実状です。
いつかまた行ける機会があったら、こういう問題も良くなっていればいいなぁと思います。

イタリアじゃなくても、また海外旅行いきたいなぁ・・・

お金と時間があればね(´;ω;`)