みやともぶろぐ

日々成長と停滞の日々...

カテゴリ: 映画

1982年のジョンカーペンター監督のSFホラー作品ですが、説明はWikipediaに任せましょう😅

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/遊星からの物体X

まず初めに、グロ描写が苦手な人はこの映画観ない方が良いです。これでもか!ってくらい悪趣味なグロ描写のオンパレードなので🧟‍♂️

1982年頃の特殊効果ってまだCGがほとんど使われてないから、造形がリアルにキモい。その特殊効果もさることながら、人間臭さを前面に出したストーリーも秀逸です。

ここからは半分ネタバレになりますが、

謎の物体(宇宙生物)に登場人物の身体が乗っ取られていくわけですが、誰が人間でだれが乗っ取られてしまったのかが分からないというサスペンス感がたまらないんです。

疑心暗鬼になっていく登場人物たちの心理状態は、現在のコロナ災禍の人々の心理状態に通じるものがあります。

姿の不定な敵と戦う怖さと、人間の怖さ、どちらの方がより怖いのだろうか…

先日、スター・ウォーズ フォースの覚醒を観に行って参りました。

なんか最近映画ネタばかりですが、ご容赦くださいませ(汗)

スターウォーズシリーズを観たのが、エピソード3が公開された数年後という新参者なので(汗)、劇場で観たのは今作が初めてでした。

※以下、ネタバレを含みますので観ていない人は読んじゃダメ!続きを読む

金曜ロードショーでホームアローンがやってた。

昔、金曜ロードショーでやってたのをビデオに撮って、それこそ擦り切れるくらい観たから懐かしかった。

あんな可愛かったマコーレカルキンさんが、今やほぼ廃人となってしまったのは残念である…

ちなみに、ホームアローンの音楽担当はジョン・ウィリアムズ氏であるが、ハリーポッター、スターウォーズなどもこの方なのだ。

Wikipediaの作品一覧を見たら、有名作品ばかり。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ジョン・ウィリアムズ_(作曲家)

巨匠中の巨匠、稀代の大天才である。

高倉健さんが亡くなりました。
ご冥福をお祈りします。

高倉健さんの出演作を、私の数少ない脳内映画ライブラリからひとつ紹介。




10年くらい前にDVDを借りて観たんだけど、初っ端からグロいシーンばかりで慄いてしまった。

自衛隊の訓練で極限状態に陥った隊員が、自分の腕を切り裂いて食べるシーンがあったり、殺害シーンが妙にリアルだったりで、多分今地上波じゃ放送できないと思う。

あとは、爆破シーンも多くて、すごく金かけて作ったんだなーって印象。

そんな所ばかり印象深くて、ストーリーは忘れちゃった…
じゃあ、もう一度観ようかとか、そういう気持ちにもならないのが正直なところ。

てなわけで、あんまり好きな映画じゃないけど、高倉健さんや薬師丸ひろ子さんは素晴らしかったのは覚えてる。

でも、このテーマ曲は名曲!

THIS IS IT観に行きましたよ♪

やっぱりマイコーはカッコいい!!

大スター中の大スターだ!

まさにKING

こんなスターは、

自分の生きている間にはもう現れないんだろうなぁ

なんて思います。

余談ですが、

映画館で同じ職場の人に会ってしまいました・・・

ひとりで観に行ったってことがバレたのが恥ずかしいです

↑このページのトップヘ